「 DB 」 一覧

CakePHP2 + MySQLでシーケンステーブルを使ってみる。

tableA を使用する処理Aで、日付や作成者IDなどを組み合わせた発注番号的なコードを発番する処理を作成。
単独の機能だったので、tableA の AUTO_INCREMENT を利用して発番していましたが、機能追加で処理Bからも処理Aで発番していたコードが必要になり、AUTO_INCREMENT が使えない事態になったので、発番用にシーケンステーブルを使うことにしたので、その内容を備忘録してポストします。

CakePHPのバージョンは2.3.10です。

MySQL で Select 結果で Update する方法。

2014/11/12   -MySQL
 , , , , , ,

あるテーブルで、姓名カラムを2つ(姓:name_family、名:name_first)と分かれていたのが仕様変更となり、姓名のカラムを name カラム 1つに結合することになりました。

その際、既にインサートされているレコードの「姓」「名」を「姓 名」と全角スペース区切りで結合しつつアップデートする必要がありましたので、備忘録としてその方法をポストします。

CakePHP2 の find の条件に「NULL」「NOT NULL」を使う方法。

2014/07/15   -CakePHP
 , , , , ,

タイトルのまんまですが、CakePHP2のfindの条件にNULLを使う方法を忘備録としてポストします。
CakePHP2.3.10で確かめました。

CakePHP2.xで自作SQLを実行させる方法。

2014/06/20   -CakePHP
 , ,

CakePHP2で、直接SQLを実行させたい場合の方法。
CakePHPのバージョンは、2.3.10で確認しました。

CakePHP2で動的に非CakePHPなデータベースに切り替え、データを取得する方法。

CakePHPで作成しているシステムの中で、別フレームワーク(ZendFramework)で作成されたサイトのデータを読み出す必要に迫られました。
サーバが同じなので、DBに対する接続等は問題ないと思うのですが、動的にデータベースの繰り返を行い、且つ非CakePHPなデータベースに対して処理できるのかってところが疑問だったのですが、結果的には全然問題ありませんでした。

今回はその忘備録です。
なお、CakePHPのバージョンは2.3.10で確認しました。

CakePHP2.3.6 paginatorのソート(ORDER BY)で、NULL値を後にする方法。

2013/08/10   -CakePHP
 , , , ,

一覧(ページングあり)データを取得する時に、順序用カラムがNULLの場合はNULLが先に来て、1番データ、2番データ・・・と続きます。

CakePHP2.xでトランザクションする方法。

DBに登録する時に使う、トランザクションですが、CakePHP2.xでの方法です。
こちらも Cake1.3とそう変わりませんが、忘備録としてポストです。

CakePHP2.3.6で試しています。

CakePHP2.xで、直前に保存された記事のIDを取得する方法。

2013/07/03   -CakePHP
 , , ,

アソシエーションされた子デーブルに親データのIDを登録するときなどに使います。
CakePHP2系統ではどうなったのか。

SQLの「REPLACE」で文字列を一括で置換してみる

2013/05/25   -MySQL
 , , , ,

ちょいとした事で、DB内の文字列の一括置換が必要になったので使ったSQL。その名も REPLACE。文字通りの意味ですね。

CakePHPのfindの条件で「IN」「NOT IN」演算子を使う方法

2013/03/16   -CakePHP
 , , , ,

タイトルにある通り、CakePHPのfindの条件に「IN」や「NOT IN」演算子を使う方法です。

CakePHPのfind条件に「OR」を指定する方法

2012/12/23   -CakePHP
 , , , ,

CakePHPのfind条件に「OR」を指定する場合、ORの内容を配列で指定すればOKですよ。

CakePHPでBETWEENする方法

2012/06/03   -CakePHP
 , , , ,

タイトルの通り、CakePHPでBETWEENする方法です。作成しているサイトで必要だったので、忘備録がわりに。

CakePHPでテーブル内容をTRUNCATEで消去する方法

2012/05/15   -CakePHP
 , , ,

API から取得したデータを一時的にテーブルに保存し、その内容を処理・成形してから本番用テーブルへ移行する、という処理を CakePHP で行なっているのですが、一時テーブルの内容を API を叩く際にクリーンしてからインサートやろうということで、TRUNCATE する事にしました。その備忘録です。

CakePHPのfindでDISTINCTする場合の記述方法

2012/05/11   -CakePHP
 , , , ,

SQLのDISTINCT句は言わずと知れた、SELECTの際に重複行を取り除いてくれる機能。CakePHPで実現するには、findのfieldsキーに「DISTINCT」をしていするだけ。

MySQLのカラム名を変更する方法

2012/04/19   -MySQL
 , , , , ,

MySQLの既存テーブルのカラム名を変更するSQLの忘備録です。

no image

MySQLでテーブルにカラムを追加する方法

2012/03/22   -MySQL
 , , , ,

MySQLの既存テーブルに、カラムを追加するSQLの忘備録です。