「 API 」 一覧

Google Maps APIのサンプルを色々と6種類作ってみた

Google Maps APIを使ったページが必要になりそうだったので、調べながらですが6種類、サンプルを作ってみました。
サンプル作りを終えた今考えると、さほど難しいことをせずとも色々と地図を使ったページが作れるのはさすが Google先生って感じでしょうか。作ってる時は色々と考えましたが(苦笑)

Google Chart APIを使って「QRコードを」作成する方法

Googleが公開している「Chart AP」を使ってQRコードを作成する方法を備忘録としてポストします。

Google APIキーの取得方法とカレンダーAPIで祝日を取得する方法

GoogleのカレンダーAPIを使ってみようと思ったのですが、APIキーってのを取得しないと使えないので、その取得方法と、カレンダーAPIの使い方をさらっとポストしてみたいと思います。

Eyecatch jQuery

jQueryで各国通貨を日本円にするコンバーターを作ってみた。

前回のポストでJSONPで取得した為替レートを利用して台湾ドルを日本円に換算するスクリプトを作成しましたが、その続きとして、APIで利用できる通貨をセレクトボックスで選択し、日本円に換算するというスクリプトを作ってみました。

Yahoo! Web API テキスト解析の「キーフレーズ抽出API」の使い方。

Yahooにて公開されているAPI、「キーフレーズ抽出API」を使う機会があったので、その使い方を忘備録としてポストします。

CakePHPでWEB APIを自作してみる。

2013/06/08   -CakePHP
 , ,

サーバAで運営しているDBのデータを、サーバBで必要になりました。

サーバAのデータをエクスポートしてサーバBへインポートし、作成したプログラムで必要に応じて取得する、という流れでもいいのですが、エクスポート、インポートする手間が惜しい。

ならば、サーバBからのリクエストに対し必要なデータを送信するという、いわゆる API をサーバAに設置してはどうかという流れになり、調べてみましたら、意外と簡単にできることが判明。

忘備録代わりにコチラに作り方をポストしてみます。

Eyecatch jQuery

jQueryをGoogle Libraries API から読み込む方法

散々いろんな所で書かれている jQuery のロード方法ですが、何度も調べるのが面倒なので忘備録としてメモっておきます。

CakePHPで楽天APIを叩いてみる(3)コントローラー編

ではCakePHPで楽天APIの3回目、コントローラー編です。コントローラーでモデル及びコンポーネントを呼び出し、結果を取得するという流れです。ページ送りに関する設定も行います。

CakePHPで楽天APIを叩いてみる(2)モデル、その他編

では、前回に続き、CakePHPで楽天のAPIの2回目です。今回はモデルとページ送りなどに使うライブラリの用意編です。

CakePHPで楽天APIを叩いてみる(1)コンポーネント編

以前、楽天の商品検索APIを叩いて一覧を取得、表示するというプロゴラムをCakePHPを使って書いたのですが、そのソースが発掘されたので、解説を入れながら晒してみたいと思います。

Eyecatch php

APIなどでHTTPSのデータをオープンする場合のphp.ini設定

2012/04/27   -PHP
 , , , ,

APIなどを叩き、XMLデータを取得したい場合、取得先のURLがhttpsとセキュアなURLになっているときにUnable to find the wrapper "https" - did you forget to enable it when you configured PHPというエラーが返ってくる場合がある。