「 バリデーション 」 一覧

CakePHP2で、テーブルを使わないがバリデーションしたい場合の方法。

CakePHP2で、テーブルを使わないけど、送信データをバリデーションしたい場合などがあると思います。
その場合の処理の方法を忘備録としてポストします。

CakePHP2.x系のバリデーション、alphaNumericがダメダメなので、独自バリデーションで回避。

CakePHP2.3.6のバリデーションの「alphaNumeric」、本などには「半角英数字のみ許可」となっていますが、なぜか日本語が通ってしまいました。

CakePHPのバリデーションで、アルファベットのみかどうかチェックする関数を作ってみた。

数回前の「日本語文字数をチェック」と同様、バリデーション時にアルファベットのみかどうかをチェックする関数です。
CakePHP1.3で使っていましたが、2.x でも使えると思います。

CakePHPのバリデーションで、日本語の文字数チェックする関数を作ってみた。

前日の改行を削除するルーチンを踏まえて、CakePHPのバリデーション時に日本語の文字数をチェックする関数を作ってみたので公開。
ちなみに、CakePHP1.3で使っていましたが、2.x でも使えると思います。

CakePHPなどでクレジットカード番号をチェックする方法

クレジットカード番号が有効かどうかのチェック方法です。ルーン・アルゴリズムという法則で番号のチェックを行っています。CakePHPや、ZendFrameworkではバリデーション用のルーチンが元々用意されています。