apache UNIX Windows

Windows10(64Bit版)にApache2.4、PHP5.6をインストールする方法

2016/09/09

PCのHDDが逝ってしまわれました。
新PCに開発環境を作成する必要が出てきたので、未来への遺産ということでApache2.4とPHP5.6のインストール方法を手順として残しておきたいと思います。

環境の選択

先に書くと、当初は

  • Apache2.2
  • PHP5.5
  • MySQL5.1

という状態にしたかったのですが、PCが64bitのWindous10になったり、Apacheのインストーラーが配布されなくなっていたりという状態で、一日かけても正常動作する環境が作れなかったので、仕方なく

  • Apache2.4
  • PHP5.6
  • MySQL5.1

という形になりました。
MySQLだけはほしい環境のまま行けたのがせめてもの救いか。
というわけで、頑張って作ってみたいとお思います。

PHP5.6

ダウンロード

ではPHPから。

php_01

↑ 上記サイトからWindows版PHP5.6.13(64bit)をダウンロードします。

php_02

↑ ダウンロードした「php-5.6.13-Win32-VC11-x64.zip」。

php_03

↑ zipファイルを展開するところ。

zipファイルを解凍し他アプリケーションと同じようにしたかったので「C:\Program Files\php5」へ内容物を設置します。
「Program Files」とディレクトリ名に半角スペースを含みますが、気にせずに。

中に「php.ini-production」「php.ini-development」と同じようなファイルが2つあるので、「php.ini-development」の方を別名コピーして「php.ini」とします。
言わずと知れた設定ファイルですね。

なお、「php.ini-production」ファイルは実際の本番環境で使用する場合に適した雛形となっており「php.ini-production」ファイルは開発環境で使用する場合に適した雛形となっています、とのことです。

作成した php.ini をメモ帳や秀丸等のエディタで開き、内容を編集します。
管理者権限が必要と言われるかもしれないので、エディタアプリケーションを起動する際、右クリックの「管理者として実行」で起動すると幸せになれるかもしれません。

以下、変更点を列挙。
「Progrem Files」と半角スペースを含むので、必ず、ダブルクォーテーションで括り、エンマークではなく、スラッシュで記述してください。

下記のコメント記号(;)を外して有効にします。

とりあえず、以上で最低限の編集が終了。
開発環境なので多少は無理させても大丈夫だし、もう少しだけこだわってみたいって場合は、以下の設定たちを放り込んでもいいかもしれません。

php.exeへのパスを環境変数に追加

一応、やっておきましょう。

php_09

php_10

[コントロールパネル] → [システム] → [システムの詳細設定]

php_11

[詳細設定]タブ → [環境変数]

php_12

[システム環境変数]に Path 項目があると思うので、選択して[編集]ボタンをクリックします。

php_13

ずらずらといろいろと書いているのを絶対に消さず、慎重に、最後に「;C:\Program Files\php5」と追記。
もともと書いてある最後のパスに、区切り記号「;」を足し、今回のPHPのパスを追記する、って形です。最後の区切り記号は要りません。

PCの再起動が必要なので、再起動します。
再起動後、コマンドプロンプトを立ち上げ、「php -v」とコマンドを実行。

php_14

バージョンが表示されれば成功です。

Apache2.4

次にApache。

以前この環境を作ったのがなんと5年前。
世の中も変わりましたが、Windows版Apacheのインストーラーがなくなるということにもなっておりました。

ダウンロード

Apache Haus(ドイツっぽい)のページから、自身の環境に応じたものをダウンロードします。
今回は遠回りしましたが、最終的には「Apache 2.4.16 x64」となりました。

apache_01

apache_02

↑ この時点での最新版である「httpd2.4.16-x64」。

インストール

apache_03

↑ ダウンロードしたzipファイルの内容。

以前は .msi版で、ダブルクリックでインストーラーが立ち上がってくれましたが、zipファイルの中身はそのまま構成ファイルが格納されています。「Apache24」ってフォルダ以下がApache実物となります。

これを「C:\Program Files」へ配置します。
PHP同様「Program Files」と半角スペースがありますが、気にせずに。

「C:\Program Files\Apache24\conf」に、設定ファイルである「httpd.conf」というファイルがあるので、必ずバックアップを取ってから、メモ帳や秀丸等のエディタで開きます。

管理者権限が必要になる場合は、エディタ起動時に右クリックから「管理者として実行」をしておくと幸せになれるかもしれません。

以下、書き換えた箇所を列挙。
「Progrem Files」と半角スペースを含むので、必ず、ダブルクォーテーションで括り、パス記号は「¥マーク」ではなく、「半角スラッシュ」で記述してください。

LoadModule のあたりに、phpと連携させるために1行追記

AddTypeを2行追記

DirectoryIndexに"index.php"を追記

ファイルの一番最下行に以下を追記

起動

コマンドプロンプトを起動。
まずは記述が正しいかをテストしてみます。

Syntax OK となれば問題ないので、httpdコマンドのみを実行します。

コマンドプロンプトが入力待ちの状態となれば、実行されているという感じのようです。

ブラウザでアクセス

ブラウザのURL欄に http://localhost と入力。
Apache Hausのページが表示されれば、Apacheは動作しています。

apache_04

PHPテスト

以下の内容で info.php を作成します。

localhost/info.php で以下の様な画面になれば、PHPは動作しています。

php_04

ソースがそのまま表示される場合は、残念ながらPHPは動作していません。

Windowsサービスへの登録

コマンドプロンプトを管理者権限で起動してから、C:\Program Files\Apache24\bin フォルダに移動します。

httpd -k install と入力すれば登録完了です。

サービス確認

php_05

php_06

php_07

[コントロールパネル] → [管理ツール] → [サービス] で「Apache2.4」があれば、登録されています。

Apacheモニターをスタートアップへ登録

binフォルダに有る「ApacheMonitor.exe」をスタートアップとして登録します。
ひとつ前のポストにもありますが、パスは以下となります。

C:\Users\[ユーザー名]\AppData\Roaming\Microsoft\Windows\Start Menu\Programs\Startup

上記パスに、ApacheMonitor.exeのショートカットを設置。
PC起動時にキックされ、タスクトレイ内に配置されます。

php_08

起動、停止、再起動を操ることが出来ます。
便利!

以上、早足でしたが PHP5.6とApache2.4をWindows10(64Bit)へインストールし、開発環境を作ってみる手順でした。
何か設定を加えた場合などは随時追記したいと思います。

UNIXコマンドブック 第3版

UNIXコマンドブック 第3版

伊藤 真人

     

-apache, UNIX, Windows
-, , , , , ,