eyecatch_google_analytics_20160912

google WEBサービス

Googleアナリティクスでリファラスパム「simple-share-buttons.com」をフィルタする方法

2016/12/01

「simple-share-buttons.com」のリファラスパムがGoogleアナリティクスに記録されておりましたので、フィルタ設定をして教示しないようにしてみましたので、備忘録としてポストします。

Googleアナリティクスでのリファラスパムの確認方法

1日150PVほどのサイトがあるのですが、Googleアナリティクスを見ると1時間で50PVのアクセスが記録されており、探ってみると「simple-share-buttons.com」ってところからのリファラが残っておりました。

確認方法

  1. アナリティクス左メニューの [行動] → [サイトコンテンツ] → [すべてのページ] へ
  2. ページ欄の対象のページをクリック
  3. 「プライマリ ディメンション」の [その他] → [集客] → [参照元] と選択

結果。

analyticsFilter20150326_01

↑「social-buttons.com」と「buttons-for-website.com」ってのが件のリファラです。

analyticsFilter20150326_02

↑ 国別の表示にすると、このような結果に。半分が「not set」、あとはアメリカ、中国、イギリス、韓国、オーストリアと見事バラバラ。

analyticsFilter20150326_03

↑ 言語別にすると「social-buttons.com」は全て「not set」となっております。
 この辺りがフィルタに使えそうです。

analyticsFilter20150326_05

↑ 今月初めから、言語が「not set」になっているリファラを表示。見事に「social-buttons.com」関係ばかり。ということで、言語が「not set」となっているものをフィルタする方向で間違いは無さそうです。

リファラスパム「simple-share-buttons.com」について

そもそもこのURLのサイトは何なのかよく分からなかったので、とりあえずアクセスしてみました。

analyticsFilter20150326_04

上記のようなサイトです。
リダイレクトで http://sharebutton.net/ というURLに飛ばされます。
ちなみに「buttons-for-website.com」もリダイレクトで同じところに行きつきました。

ソーシャルアイコンのスクリプト配布ページのようですね。
迷惑な。

ちなみに、リファラスパムとは以下の様な定義のサイトのことです。

  • あるサイトから流入があるかのように見せかける
  • その目的はサイトの宣伝(Google Analyticsを見ているユーザがついついアクセスしてしまう)
  • 悪意があるサイトの場合、フィッシングサイトだったり、悪意のあるコードが埋め込まれている可能性もあるので注意が必要

Googleアナリティクスのフィルタ設定方法

では、本題です。
先ほど調査した、言語が「not set」となっているものをフィルタしてみます。

analyticsFilter20150326_06

↑ 「アナリティクス設定」をクリック

analyticsFilter20150326_08

↑ 「すべてのフィルタ」を選択し、 「+新しいフィルタ」をクリック。
 この例の場合では4つ目のフィルタとなります。

analyticsFilter20150326_09

↑ 以上のようにし「保存」で出来上がりです。

-google, WEBサービス
-, , ,