eyecatch_20151109_mysql

MySQL

【MySQL】CONCATとGROUP_CONCATを駆使して、複数レコードの文字列を結合してみる。

2016/12/02

MySQLで複数行の文字列レコードをひと纏めにして、1レコードとして出力する方法を備忘録としてポストします。

CONCAT()とGROUP_CONCAT()

以下の旅行テーブルのレコードを利用します。

travel_table_01

CONCAT()

MysqlのCONCAT()関数は文字列の結合を行う関数。
使い方は以下のように。

CONCAT() 書式

CONCAT() 実例

全レコードを半角カンマ区切りで取得

結果

travel_table_02

CSV出力などで扱い易い、半角カンマ区切りでレコードを作ってみました。

CONCAT() 実例2

CONCAT()の引数に NULL が含まれる場合、結果がNULLとなってしまいます。
以下のレコードで試します。

travel_table_04

CONCAT() NULLを含む場合の実例

全レコードを半角カンマ区切りで取得

結果

travel_table_05

4,7の結果がNULLで返るために、空白となっています。

GROUP_CONCAT()

GROUP_CONCAT()関数は複数レコードを1行に纏めることが出来ます。
セパレータを指定することも可能です。

GROUP_CONCAT() 書式

GROUP_CONCAT() 実例

ホテル別に「姓名」を1カラムに結合して出力

結果

travel_table_03

GROUP_CONCAT() NULLを含む場合の実例

NULLを含む場合の実例。
以下レコードを使用します。

travel_table_04

ホテル別に「姓名」を1カラムに結合して出力

結果

travel_table_06

4,7のレコードが抜けています。

本題

CONCAT()とGROUP_CONCAT()を駆使してみる

本題 実例1

ホテル別に「名」を出力、名がNULLの場合は「名無し」を代替出力

本題 実例2 実例1の書き方を変えてみる

結果は同じですが、CONCATとGROUP_CONCATの順番を入れ替えても書けます。

travel_table_08

本題 実例3

結果が NULL のままでは分かりにくいので、姓が抜けている場合は「姓」、名が抜けている場合は「名」と代替表示させてみます。

「姓」がNULLの場合は「姓」、「名」がNULLの場合は「名」を代替出力

結果

travel_table_07

NULLのレコードも代替テキストで表示される、欲しい形となりました。
SQL、やはり奥深いけど便利ですね。

やっぱりCakePHPを使っていても、SQLは書くべきかも知れませんね。

-MySQL
-, , , , , ,