eyecatch_cakephp_20160912_cmp

CakePHP cron

CakePHP2.xのコントローラ/アクションをcronで実行する方法

2016/12/05

CakePHP2(2.3.10)で、cronを使って、コントローラー、アクションを実行する事があったので、忘備録としてポストします。

CakePHP2でcron実行

まずはこちらを読みましょう。大切なことは殆ど書かれています。

では、本題。
したかったことは、予定されているスケジュールに対し、前日9時に起動する cron で「明日予定があるよ」という旨のアラートメールを送信する、というもの。

cronは基本的に拡張子が .sh の shell(シェル)をキックして、起動させます。
そのシェルの作り方ですが、これが意外と簡単にできてしまうのがCakePHPのいい所。

コントローラー / アクション

CakePHP2ではシェルの中からコントローラー、アクションを使えるとのことなので、

A.レコードの抽出
B.メール本文の作成、メール送信する

というコントローラー(AlertsController) / アクション2種を作成します。

app/Controller/AlertsController.php

シェルの作成

では次に、cron がキックするシェルを作成します。
先ほど「シェルは拡張子が .shのファイル」と書きましたが、CakePHP2 の場合は AppShell を継承する CakePHP 形式の php ファイルで構いません。

app/Console/Command/AlertShell.php

と、以上のようなシェルファイルを作成。
$schedule が false の場合はログを書く仕様としていますが、この辺りは好みかと思います。

コマンドラインから起動

では、作成したものを動かしてみましょう。
サーバにアップロードし、ターミナルから以下のようにコマンドを打ち込みます。

文法は
-----
PHPまでのパス CakePHP2のConsole/cake.php シェル名("Shell"は不要) アクション名
-----
となります。

結果。

このように表示され、成功していればメールが送信されているはずです。

cronジョブ化

最後に cron に登録してみます。

viが起動するので、[i]キーを押下してインサートモードに。
午前9時に起動させてみます。

[Esc][:][w][q]とキーを押して、セーブ。
以上で登録完了です。

-CakePHP, cron
-, , ,