フロス

モノ

歯医者で「フロスを使え」的な事を言われたので買ってみた。

ウォートがパーンたちに「ワンドを使え」と言ったように、歯医者で歯科衛生士な人に「フロスを使え」的なことを言われましたので買ってみました。

聞き馴染みのない「フロス」ですが、糸状の用具でもって歯の間、表面をこすって歯垢、歯石を取るというもの。
商品名を出すと「糸ようじ」の糸だけを使うという感じですね。

ということで、買ってみました。

フロス

どれを買ったらいいのかがサッパリ分からなかったので、とりあえず売上ナンバーワンってのをチョイス。

使い方はこんな感じ。

フロス

数十センチ引っ張り出し、指に絡ませ、鏡を見ながらキコキコ、糸鋸を使うように歯の間をみがく。
奥のほうがなかなか難しいので、慣れるまで時間がかかりそうですが、意外と面白く、なにやら詰まってたものが取れてきます。

「なるほどね」と思いながらやっていたのですが、右の方の歯を施工してましたらフロスが切れ、フロスが歯に詰まるという、ミイラ取りがミイラになるようなアホな事に。

つまったフロスを取るためにまたフロスを使うのですが、また同じ所で切れそうになる。
…どないせえっちゅうねん。

歯ブラシで何とか事なきを得ましたが、次からはちょっと気を付ける必要があるようです。
うまい使い方を歯医者で聞くとしますかね。

-モノ
-,