WEBサービス

Yahoo! Web API テキスト解析の「キーフレーズ抽出API」の使い方。

2015/11/18

Yahooにて公開されているAPI、「キーフレーズ抽出API」を使う機会があったので、その使い方を忘備録としてポストします。

Yahoo キーフレーズ抽出APIとは

Yahoo!Japanにて公開されているAPIで、体積対象のテキストを投げると、日本語文を解析し、特徴的な表現(キーフレーズ)を抽出するといったもの。

使用するには、デベロッパーサイトにて登録し、アプリケーションIDを取得する必要があります。
※無料です。

仕様

仕様一覧はコチラで確認。

サンプルプログラム(PHP)

サンプルプログラムが以下のURLに公開されているので、ほぼそのまま使えます。

使い方

CakePHP(2.3.6)内で使ったので、その一部を抜粋して紹介。

サンプルコード

結果

各Scoreの値(数字)は、キーワードの重要度を表しているようです。

サンプルはなかなかいい感じに解析されていますが、対象文字列が長すぎると返ってこなくなるというのが、ちょっと残念。(1リクエストが100KBに制限されているからっぽい)
あと、2chのスレッド名をいくつか繋げてテストしましたが、戻り値がちょっと残念な結果になってしまいました。

無料で開放されているものについて品質云々は言いませんが、せめてもうちょっと多い文字数を投げてみたいなぁと思いました。

-WEBサービス
-, , , ,