Eyecatch 週刊少年ジャンプ24号

マンガ・アニメ・映画

週刊少年ジャンプ|第24号

連休明け、5月初の発売のジャンプ。今週は新連載と読み切りが登場!

週刊少年ジャンプ24号

SOUL CATCHER(S) ソウルキャッチャーズ

著:神海英雄

新連載
ペンネームがなんだか偉大そうな名前ですね。
音楽系のお話。
「心」の状態が文字通り「見える」神峰翔太(かみね・しょうた)、サックスによって「心」を掴み揺さぶる演奏をする刻阪響(ときさか・ひびき)。
二人が指揮し奏でる音により、心を失った少女を絶望の淵より救い上げることができるのか。

ソウルキャッチャーズ

よくできていました。音楽マンガでこういう切り口があるのかと、目からウロコ。
今回の内容が読み切りだと、ほぼ完ぺきな内容だったのですが、連載となるとどう繋げていくのか楽しみです。

黒子のバスケ

黒子のバスケ

緑と紫の喧嘩。青と黄色の喧嘩。赤のキャプテン昇格。青峰大覚醒。
そんな回でした。

食戟のソーマ

食戟のソーマ

堂島さんが意外とお茶目。
安定的な面白さ。早く料理対決してくれ。

銀魂

銀魂

正直、この漫画の面白さが良くわかっていないのですが、今回はなかなか良く出来ていて面白いというか、感心させられた。

キングダム

今週の見所はヤンジャンより出張読み切りの「キングダム」。

キングダム

内容はまぁ、どうなんでしょうか、可もなく不可もなく。
もうちょっとページ数があったら良かったのになぁ、って感じでしょうか。

BLEACH

BLEACH

過去編もクライマックス。
次週より母親の死の真相が明らかに。

一護の親父が斯波家ってのもかなり衝撃的だったのですが、結構スルーされている気がする。
すでにどっか連載中に明らかになっていたのでしょうか? 最初の頃あんまり真剣に飛んでなかったから分からない・・・。

しかし久保師匠はマジで描き分けというか、人物が上手いですね。
親父も若い時と20年後の姿も見事に描き分けてますし。プロってやっぱ凄いよなぁ。

ワールドトリガー

掲載順序が徐々に後退しているのが非常に気になります。

ワールドトリガー

ついにボーダー隊員に近界民(ネイバー)である遊真との接触を察知されたオサム。どうなるのか!?
「トリオン」がこの世界観の鍵なんですが、なんだかもうちょっとオドロオドロしくしてもいいような気がする。
読んでいて、ちょっと世界が綺麗すぎるのが気になります。
しかしなかなか好きな作品なので、切られることなく続くことを願います。

クロスマネジ

クロスマネジ

なんか扉絵に妙に気合はいってる。
こういうのも良いですねぇ。

大概のスポーツは試合風景などを観て知っているのですが、実はラクロスは見たことがありません。
なので試合中にどういう動き、走り方をするのかなど全く知りません。

で、この作品を見て分かるかといえば、さっぱり(苦笑
止め絵はいいのですが、動きが感じられず、これはおそらくフェイント、なんとなく躱したな、ぐらいしかわかりません。
せっかく試合をやってるんだから、全体の動きやらどういう動きをしているとか、解説をもうちょっと挟んだほうが、素人には嬉しいかもです。

そう考えると、「アイシールド21」ってよく出来ていたなぁと感心。

ハングリージョーカー

ハングリージョーカー

終わっちゃいました。残念!

と、今週はこんな感じでした。

-マンガ・アニメ・映画
-, ,