hidemaru

アプリケーション・ツール

秀丸の正規表現で検索・置換する。

2013/05/25

利用規約をHTML化するという作業にあたって、タグをちまちまCtrl+c、Ctrl+vでやっていたら腱鞘炎になりそうなので、秀丸の正規表現を使ってもっと頭良く作業。
とりあえず、一番わかり易い例を書いておいて忘備録とします。

「\f」と「\1」で後方参照する

大体、上のような形で元のテキストなりWORDデータがあると思われます。
HTML化して、以下のようにします。

例えば、(1)、(2)のカッコのみを半角から全角に変更したい、という場合。
他の文章内にカッコがあるが、そちらはそのままにしておきたいという条件がある場合は、秀丸の検索・置換ボックスに以下のように書くと幸せになれます。

[検索]で残したい内容を「\f」でくくると、[置換]で「\1」とした部分に反映されます。「後方参照」というらしいです。
なお、半角カッコの前の「\」は、半角括弧を正規表現記号ではなく、文字列として扱うためのエスケープです。

数字と桁数

という文字列があり、「数字2桁」と「半角ドット」を削除したい場合の秀丸での書き方。

【意味】
\d:半角数字の0~9
{1,2}:「/d」が1桁以上、2桁以下。\d{2,5}だと「\d」が2桁以上、5桁以下となる。
\.:半角ドットは正規表現記号なので、文字列として扱うために、「\」でエスケープする。

-アプリケーション・ツール
-,