eyecatch_cakephp_20160912_cmp

CakePHP

CakePHPなどでクレジットカード番号をチェックする方法

2015/11/04

クレジットカードの番号、VisaとかMasterカードですと16桁の数字ですが、乱数で構成されていると思われがちですが、実はあれ「Luhn algorithm(ルーン・アルゴリズム)」という法則によって導き出されているのはご存知だったでしょうか?

ルーン・アルゴリズムについて

「ルーン・アルゴリズム」の法則

「ルーン・アルゴリズム」の法則は以下の通り。

  1. カード番号の奇数桁目を2倍にし、値が10以上になったら9を引く
  2. それぞれの数字を足す
  3. 2の結果が10の倍数になったら正しい番号。10の倍数で無ければ不正な番号

図にするとこんな感じ。

3566-0020-2036-0505 がカード番号だとします。

1) 奇数番目の数字を2倍(10以上だと-9する)、偶数番目はそのままとする
2) 全てを足す
3) 結果が10の倍数である「50」なので、3566-0020-2036-0505 は正しい番号である、とわかる

クレジットカード番号の意味

ちなみにそれぞれの桁の数字にも意味があります。

1ケタ目

最初の1桁:主要産業識別子 (MII:Major industry identifier)。カード発行者の業界を表します。

0:予備
1、2:航空
3:旅行・娯楽
4、5:銀行・金融
6:商品輸送・銀行
7:石油
8:通信
9:国ごとの割り当て分

2ケタ目

MIIを含む最初6桁:発行者識別番号(IIN:Issuer Identifier Number)。カード発行者の身元を表します。

主要クレジットカードのIIN
Visa4xxxxx
Mastercard51xxxx - 55xxxx
Discover6011xx, 644xxx, 65xxxx
Amex34xxxx, 37xxxx

7ケタ目以降

7ケタ目 ~ 最後1ケタの前の数まで:カード口座番号。

最後の1ケタ

最後の1ケタ:チェックディジット。

と、いうような法則があるので、チェック用プログラムも書けます。
意外と単純。

プレーンPHP

CakePHP

CakePHPでは、バリデーションルールにクレジットカード用に cc があります。
ruleのパラメータは「type」「deep」「regex」で、type を all とすると、全てのクレジットカード番号のタイプでチェックします。
deep にはTRUE もしくは FALSE をセットし、TRUEだと前述した「ルーン・アルゴリズム」によるチェックをを行います。
regrex は独自に正規表現を設定できます。
使い方は以下のように。こちらも単純ですね。

ZendFramework

さらに、ZendFrameworkではこんな感じで、バリデーションが可能です。

今回 toogie は初めて知ったのですが、クレジットカードの判定が必要な際は参考にしてみてください。

-CakePHP
-, , , , ,