金環日食

知識

2012年5月21日は「金環日食」の日。

巷ではアニメや映画で「宇宙兄弟」が賑わっていますが、宇宙に関係ある大イベント、金環日食が来月、日本でも見ることができるそうです。

そもそも金環日食とは?

皆既日食や部分日食という言葉は聞いたことはありましたが、「金環日食」てな言葉はあまり聞いたことがなく、どう違うのでしょうか? ということで、ちと調べてみました。
簡単に説明すると、以下のようにまとめられるかと思います。

まず、「日食」は、太陽の手前を月が横切るために、太陽の一部または全部が月によって隠される現象。これを踏まえ、以下のように分けられます。

皆既日食
月と地球の距離が近い時に起こる日食。月が見かけ上大きくなるので、太陽全部が隠されて皆既日食とよばれる。
皆既日食では、コロナやプロミネンスが見やすい。

金環日食
距離が遠く離れているときに起こる日食。月が見かけ上小さくなり、太陽の外輪が月からはみ出てリング状になる。金色に見えるリングなので、「金環」なんですね。
金環食のときは、たとえば地面に映った木の葉っぱの影を見ると影がリング状に映る、とのこと。

いつどこで見られるのか?

金環日食(http://naojcamp.mtk.nao.ac.jp/phenomena/20120521/)によると、2012年5月21日(月曜)の朝7時台に「金環日食」が見られるそうです。

日本各地の日食開始時間入りマップ

日本各地の開始時間入りマップ

主要都市の金環日食・部分日食
地点名食の始め食の最大食の終り
札幌6時33分6秒7時49分48秒9時17分35秒
東京6時19分4秒7時34分31秒9時2分35秒
大阪6時17分9秒7時29分51秒8時54分21秒
福岡6時15分51秒7時25分27秒8時45分44秒
鹿児島6時12分48秒7時22分11秒8時42分26秒

今回の日食では、九州南部・四国の大部分・紀伊半島から本州の関東付近にかけての地域などを通る「中心食帯」と呼ばれる帯状の地域の中で、金環日食を見ることができます。また、それ以外の地域では、日本全国で部分日食を見ることができます。

どうやらtoogieが住んでいる大阪でも見ることができそうですね。

どうやって見るのか?

太陽は強い熱と光を発しているので、直接や望遠鏡などで見ると、目を痛めたり、最悪の場合、失明に至る場合もあるので、注意が必要です。
ということで、以下のようなグッズを集めてみました。

金環日食を安全に見よう。遮光プレート サンビュー

金環日食を安全に見よう。遮光プレート サンビ…

¥525(税込)

5月21日、世紀の天体ショー金環日食を見よう!各施設、メーカーさん、店舗さんでもイベントが 今後 盛りだくさん…

太陽観察オペラグラス 「Solar Opera」(ソーラーオペラ)グリーン

太陽観察オペラグラス 「Solar Oper…

¥1,980(税込)

◆世界初!拡大太陽観察グラス!◆感動に出会おう!2012年5月21日の金環日食は“3倍大きく”見よう!◆日本の…

太陽観察専用グラス 「Solar Glass」(ソーラーグラス)オレンジ

太陽観察専用グラス 「Solar Glass…

¥980(税込)

◆感動に出会おう!2012年5月21日の金環日食を見よう!◆日本の都市にいながらにして、金環日食がくっきり観察…

太陽観察専用グラス TKSM-004 パンダ

太陽観察専用グラス TKSM-004 パンダ

¥1,480(税込)

感動に出会おう!! 日本の都市にいながらにして、皆既日食を大きく、くっきり観察しよう♪●目に有害な光を高いレベ…

パンダって・・・(笑)

ちなみに今回の「金環日食」は1987年に沖縄で見られてから25年振りで、次回は18年後の2030年ということですから、見逃すワケにはいかないでしょう。
楽しい観測時間を迎えることが出来れば良いですね。

しかし月曜の朝か・・・。なかなか厳しい曜日と時間じゃないか。気合を入れねばならんね・・・

-知識
-, , , ,